規約・仕組づくり/指導・教育 等のお客様の品質向上そして品質担保に多面的にお手伝いいたします。


品質課題について、”根本原因”を調査し分析をします。
また、顕在問題だけでなく、その深くに潜んでいる潜在問題まで原因を深掘りすることで、真の課題解決に近づけます。

ドキュメン分析
現行ドキュメントの有無や記載粒度の状態を分析し、課題との因果関係を導きます。

プロセス分析
現行プロセスをISO規格などを元に、客観的な視点で分析・評価します。

不具合分析
過去の不具合情報から不具合傾向や不具合の原因を分析・評価します。

アセスメント分析
製品やサービスに対する障害分析や品質特性分析を行い、傾向や原因を分析し評価します。

品質 (現状) 分析サービス

現状の課題を分析し、レポートにて分析結果のご報告及びアクションプランのご提案を致します。
お客様が抱える問題状況の分析を行うサービスです。

プロダクト品質の視点

不具合分析

不具合表を各工程別に分析します。
ソフトウェア品質 (ISO25010) の視点でも分析します。
分析手法:要因特性、品質特性分析 (ISO25010) など

ドキュメント分析

各工程におけるドキュメントを正確性、機密性、視覚性、理解性、信頼性、整合性等の視点で分析します。
分析手法:クロス分析、因果関係分析、品質特性分析 (ISO9126) など

プロセス品質の視点

プロセス分析

ヒヤリングベースにて、状況を確認していき、As-Is、To-Beを作成します。ABC分析も行います。
分析手法:
BPR (As-Is [現状の姿]、To-Be [あるべき姿]) ・ABC分析 など

クオリティゲート (QG) 設定サービス

クオリティゲート(QG)設定サービスでは、各工程で移行判定を行う際、 品質面での定量的、定性的品質基準 (クオリティゲート(QG)) を設けて、
品質をチェックします。QGには、お客様の課題によって様々な要素を含むことが出来ます。

また、最初にゲートを設定する前に、各工程における品質基準の定義を行います。

ドキュメント整備サービス

開発におけるプロセス定義書 (QMS) を策定し、各工程にて、お客様の課題に合わせた品質を担保する上で、必要なドキュメント(テンプレート)を整備します。 また、今後各ドキュメントの整合性を保ち、トレースしやすいように、タグ管理策定サービスも行います。

プロセス定義書 (QMS) 策定サービス

下記の定義書を作成します。

要求・要件定義  (規約/規定・方針書)
設計定義書(規約/規定・方針書)
コーディング定義書(規約/規定・方針書)
テスト定義書(規約/規定・方針書)

タグ管理 (INDEX) 策定サービス

既存ドキュメント改修を前提として、整合性の確認やトレースを行いやすくするためのタグ管理方式を導入します

ドキュメント整備サービス

共通編
各レビューシート表、ドキュメントチェック表、要件定義書、プロジェクト計画書などを整備します。

設計編
基本設計~詳細設計を行う上においての必要最低限のテンプレートを整備します。

テスト編
各テスト工程での品質担保をする上において、必要最低限のテンプレートを整備します。

テスト(戦略)計画サービス

各テスト工程におけるテスト戦略立案やテスト計画を作成するサービスです。既存テスト計画書の分析を行い修正作成するサービスと計画書を最初から立案するサービスの2パターンあります

既存テスト計画書分析サービス

既存の各工程のテスト計画書を分析してから修正計画書を作成するサービスです。

テスト (戦略) 計画書作成サービス

新規にて、各設計書からテスト計画を立案します。

レビュー規約、受入基準策定サービス

各工程におけるレビュー規約策定や受入基準(パートナー評価プログラム)の策定を行います

レビュー規約策定サービス

各工程におけるレビュー方式の規約 (ガイドライン) を策定します。

受入基準策定サービス(パートナー評価プログラム)

システム開発におけるパートナー様と円滑にプロダクト、プロセス品質の向上をすべく考案されたプログラムになります。

規約策定

開発・製造工程に対する規約類をお客様の現状に合わせ策定するサービスです。

開発プロセス(業務)改善サービス

開発におけるプロセス構築やチームの立ち上げを支援するサービスです。

マーケティング支援分析

プロダクトの企画に対し、品質戦略を元にした最適な企画を策定するための支援をするサービスです


導入事例はこちらから

産業用機器メーカー事例
エネルギー関連事業事例
品質・ITコンサルティングについて問合せはこちらから