プロジェクトマネジメント支援

各企業のプロジェクトにおいて、自社内でのPMの確保や育成を試みるも財務面や運用面において非常に厳しい状況で、
きちんと対応できている企業はまだまだ少数派です。

弊社はお客様のプロジェクトの成功に向け、PM代行としての参画、新設PMOの立ち上げや既設PMOへの参画、QA支援など、あらゆる場面においてお客様のプロジェクトマネジメントの問題解決をサポートしてまいります。

こんな課題をお持ちの方をサポート

  • プロジェクトを一任できるスキルを持ったPMが不足している
  • 一人のPMが複数のプロジェクトを担当している状況で、PMへの負担度が大きくなっている
  • ベンダーコントロールをアウトソーシングしたい
  • 大規模プロジェクトを構築したいが、自社に経験者がいないため、どのように進めたらよいかわからない
  • PMにより、プロジェクトの進め方や手法がバラバラになっている
  • プロジェクト管理業務が煩雑なため、効率的にしたい
  • 内部監査が形骸化し機能しなくなっているため、第三者評価先を探している
  • PMや開発担当者が多くの実務を抱えてしまっており、なかなかテストにまで手が回らない
  • PMや開発担当者がテストに関する知識や経験が乏しく、網羅的・効率的なテストが実施できていない

プロジェクトマネジメント支援で得られる効果

プロジェクトマネジメント支援においては、プロジェクトの成功確率アップに直結する以下のような効果が期待できます。

  • 戦略目標達成
    プロジェクトの継続的評価とそのフィードバックにより、プロジェクト計画における戦略目標の達成が可能となります。
  • プロジェクト可視化
    品質管理、課題管理、リスク管理、構成管理・変更管理等の管理プロセスを実施することで、プロジェクト状況の可視化が可能となります。
  • 意思決定促進
    プロジェクト状況がリアルタイムで把握できるようになり、PMの迅速な意思決定が可能となります。
  • 開発プロセスの標準化
    データ分析や収集情報から開発プロセスの改善点を抽出し、開発管理規約を改修するなど開発プロセスを再定義することで、現状プロジェクトに適合した開発プロセスの標準化が可能となります。

さらに経営の視点および現場の視点から、以下の効果も期待できます。

  • 経営の視点
    全社レベルでPMOを展開していった場合、その組織は迅速かつ正確な経営判断が行えるようになり、市場の要求や環境の変化に素早く反応できる能力を身に着けることができます。
  • 現場の視点
    社内派閥や従業員同士の相性の良し悪しなどがプロジェクト進行に悪影響を及ぼすことがありますが、アウトソーシングすることで一切関係なく中立を保つことができ、各部門間での意見調整役やファシリテーター役としても、とても有用です。

サービス一覧

PM代行支援

PM代行支援とは

お客様のプロジェクトに対して、PMのサポート役として、あるいはPMの役割を代行する形で参画し、プロジェクト管理を通じてプロジェクトを成功へと導くための支援を行います。

PMO業務支援

PMO業務支援とは

お客様の個別プロジェクトあるいは複数プロジェクトに対してPMOとして参画し、進捗や課題を可視化することにより、PMが意思決定に集中できる体制を整えます。そのほか、主として品質担保を目的としたベンダー管理や、品質向上に向けた管理プロセス導入および定着化に向けての支援も実施いたします。

QA支援

QA支援とは

QA支援とは、プロジェクトの各開発工程のおける品質低下リスクの分析とフィードバック、即ち上流工程における品質の作り込みと、下流工程における品質担保の実現により、プロジェクトの品質面に特化したサポートを展開します。