PMO業務支援とは

お客様の個別プロジェクトあるいは複数プロジェクトに対してPMOとして参画し、進捗や課題を可視化することにより、
PMが意思決定に集中できる体制を整えます。

そのほか、主として品質担保を目的としたベンダー管理や、品質向上に向けた管理プロセス導入および定着化に向けての支援も実施いたします。

PMO業務支援の概要

PMO業務支援は、プロジェクトの括り方やサポートを行う対象により、全社PMOや個別プロジェクトPMOなどの支援方法があります。

全社PMO業務支援

全社PMOは主に、全社横断的に「標準化」「ITガバナンス」「コミュニケーションマネジメント」などを実施し、お客様内で並行稼働している複数のプロジェクトに対して状況把握を行い、横断的にコントロールする役割を担います。

また部門直下に組織し、部門PMOとして複数プロジェクトを横断的にコントロールするケースもあります。横断的コントロールの目的としては、
PMの能力に左右されにくいよう、進め方の標準化やコミュニケーションの統一化を推進し、プロジェクト間における比較分析ができる状況構築を目指します。

個別プロジェクトPMO業務支援

個別プロジェクトPMOは、プロジェクト内PMOのことで、PMの右腕としてプロジェクト推進を支援します。

プロジェクトのQCDバランスを維持するためのマネジメントの徹底、および生産性向上に関する部分を役割として担うことが多く、
PMのサポート役としてPMとともにプロジェクトの成功を目指します。システム開発をベンダーに外注している場合は、お客様とベンダーの間に入り、調整役としてベンダー管理を実施します。

その他

お客様の内部監査に対し、セカンドオピニオン的に第三者評価を行う立ち位置でPMO業務支援を行う場合もあります。この場合、システム開発の内部監査や、CMMIと呼ばれる組織の成熟度調査等において、改善アドバイスや第三者評価、改善に向けての新たなプロジェクト推進をサポートします。

PMO業務支援が必要な理由

昨今、国内企業は慢性的なIT人材不足に見舞われていますが、中でもPMの人材不足は深刻な状況にあります。
PMには多岐に渡り高スキルが求められるため、育成するにも一朝一夕にできることではなく、PMの確保はどの企業様でも大きな課題となっています。そのような状況にも関わらず、日々さまざまなプロジェクトが発足しているのが現状で、失敗に終わるプロジェクトは全体の半数とも7割とも言われています。
よって、PM育成とプロジェクト成功の双方に不安のある企業様には、弊社の個別プロジェクトPMO業務支援によるプロジェクト参画が利に適っています。

また、全社や部門に対するPMO参画においては、貴社の広範囲に影響を及ぼすことができるため、組織へのレバレッジ効果を重要視される場合は、全社PMO業務支援が有効です。

プロジェクト参画方法

PMO業務支援のプロジェクトへの参画方法は、主に「発注者側サービス」と「開発会社側サービス」の2パターンがあります。