レビュー規約策定とは

システム開発の各工程におけるレビュー方式の規約を策定するサービスです。

レビュー規約策定の概要

レビューは目的を持って行うことが重要です。レビューごとに戦略を立てて計画的に行うこと、また有効な観点を持ってレビューに取り組むことで、
レビュー効果は各段に高まります。

レビュー効果を最大限に高めるためにも、お客様の状況に合わせたレビュー規約の策定をおすすめします。

こんな課題をお持ちの方をサポート

  • 十分な時間をとってレビューを実施しているものの、品質が安定しない
  • レビューがマンネリ化している
  • 有効なレビュー観点がよくわからない
  • システム特性や各工程ごとのレビュー計画(レビューごとの目的の明確化)の立て方がわからない
  • レビューが仕組みになっておらず、属人的かつ場当たり的なものになっている
  • 他の業務との兼ね合いで有識者が参加できないレビューが多く、有効な指摘があがらないまま進めてしまっている

レビュー規約策定が必要な理由

レビューを行う目的は、ドキュメントの品質をより高めていくことにあります。
レビューの重要性については理解こそしているものの、他業務との兼ね合いなどによりレビューを縮小・省略をしてしまい、ドキュメントの品質低下を招いたといった事例は枚挙にいとまがありません。

レビューについては、一定時間で有効な指摘が多くあがる仕組みを構築することが最も重要です。

レビュー規約策定で得られる効果

  • プロジェクト規模や特性に応じたレビュー戦略を立案することが可能となるため、適切なレビュー評価の合格基準を設定でき、
    成果物の品質向上やレビュー工数の妥当性など、ムダなく効率的なレビューに近づけることが可能です
    また、レビューの一連の流れを仕組みにすることにより、属人性の排除も期待できます

アウトプットイメージ(※一部)

レビュー規約
※参考資料含め、15枚程度

レビュー戦略からレビュー改善までを規約として策定します。
お客様の状況に応じて、レビューチェックリスト等の有効な参考資料を添付します。