1年後に差がつくQCDバランスの可視化。

品質低下の原因「市場不具合」を未然に防ぐことが可能です。
クオリティゲートでは各工程の品質を見える化するために、QCDバランスのズレを定量的・定性的に検知し改善や軌道修正に役立ちます。


クオリティゲートとは

クオリティゲートとは工程を移行する際の品質をチェックする「関門」のことです。
各工程の品質を「プロセス」「プロダクト」の視点から定量的に数値化、実績の蓄積を行います。クオリティゲートの運用により、欠陥をできる限り早期発見し、手戻りによる修正コストと修正工数を最小限に抑える効果が望めます。

こんな課題はございませんか?

定量化するうえでの基準値の決め方がわからない。

開発コスト増大や、プロジェクトが工数オーバーすることが多いため困っている。

不具合が出る前にもっと早く問題を察知したい。

サービスの特長

●品質低下の原因「市場不具合」を未然防止

プロセス品質を定量的かつ定性的に可視化することができるため、工程移行の際に「問題」や「リスクの可能性がある箇所」を見つけることができます。

・プロジェクトのコスト増大を防ぐ
・手戻りを防ぐことによる、工数オーバー防止
・市場不具合防止

製造・開発スタイルに合った移行判定基準を設定可能

プロセス品質を定量的かつ定性的に可視化することができるため、工程移行の際に「問題」や「リスクの可能性がある箇所」を見つけることができます。

・どんな開発形態でも移行判定基準を設けることが可能
・判定基準の強弱も微調整可能

(プロジェクト人員のスキルや開発規模などに合わせる)

テンプレートをチーム間で、社内間で共有可能

作成したテンプレートをステークホルダー間
(チーム間での流用や関連会社等)で共有することが可能です。

・テンプレートの内容を権限を付け、公開範囲を設定することが可能
・テンプレートは監査基準として使用可能なため、監査業務の定着化も見込める

クオリティゲートの活用方法

開発形態や納期、コスト、人員スキル等のプロジェクトに関わる内容を初期設定する。
各工程のレビュー毎にクオリティゲートに実績登録をする。
次工程への移行判定時にプロセスの品質値が定量的、定性的な評価結果として表示される。
各プロジェクト単位、全体のプロジェクト単位でQCDバランスを可視化できます。プロダクトの品質状態を把握することができます。

クオリティゲートについて問合せはこちらから