プロジェクト支援(実務支援)

上流から下流のすべての工程において、たとえば、企画・要件定義・設計・テスト等に対し、弊社の品質ノウハウを活かしたサービスとしてお客様プロジェクトの実務面においても全面的に支援いたします。

工程ごとまるごと請け負うパターンと、作成の補助として人材を導入するパターンの二通りがあります。

サービス一覧

上流工程支援

要求定義代行支援

要求定義代行支援とは
要求定義では非技術者がシステムに求める仕様を定義しますが、曖昧な表現を正したり、そもそも言語になっていないことを言語化していくなど、
要求の定義は非常に難易度が高い作業のひとつです。

また超上流工程の要求定義はそのシステムの品質に最も影響を与えるため、経験者や有識者でも一苦労しているのが現状です。
弊社では、『IEEE830』や『REBOK』を用いて、「要求獲得」 →「要求分析」 →「要求仕様化」 →「要求の検証/妥当性確認・評価」と順に進め、要求を定義していきます。

要件定義代行支援

要件定義代行支援とは
要件定義は、テンプレートやフレームワークを採用すればできるという簡単なものではないため、経験者でさえ、何回やっても難しいという声が多くあります。なぜなら、「こうすればよい」という絶対的な正解がないのが要件定義だからです。

その要件定義工程を、弊社のノウハウを駆使し代行支援を行います。

下流工程支援

テスト計画作成支援

テスト計画作成支援とは
限られた時間内に、有効的かつ効率的なテストを実施するためには、全体テスト計画の策定、およびテスト工程の各フェーズごとのテスト計画の策定が必須です。そのテスト計画書の作成、あるいは作成補助を支援いたします。

テスト設計・仕様書作成支援

テスト設計・仕様書作成支援とは

テスト設計では、テスト対象とテスト観点を明確にし、テストの全体感を掴んだ上でどこの部分をテストするのかを決めることが重要で、テスト設計はテストの網羅性を可視化するためにも必ず必要な工程となります。


しかしながら、この工程がきちんとできていない場合が多く、まずはテスト設計を理解する必要があります。
またテスト仕様書(テストケースやチェックリストと呼ぶ場合もあります)の作成にもコツがあり、作成手順や記載粒度を考慮しつつ、正確性を確保することが重要となります。


弊社ではテスト設計やテスト仕様書作成についてもサポートが可能です。

テスト実施支援

テスト実施支援とは
弊社ではテスト実施だけを請負うことも可能で、別サービスのQDT(クオリティドクターテスト)* をご活用いただいている企業様も多数あります。
弊社では特にテストマネジメントを得意としており、テスト計画からテスト実施までのテスト工程におけるマネジメント業務のサポートも承っております。

品質強化テスト支援

品質強化テスト支援とは
お客様のリリース済みのシステムやサービスに対して、品質の全体感を確認するための網羅的なテスト設計を行い、システム全体をテスト対象とする品質強化テストはお客様に大変好評です。

お客様のリリース済みのシステムやサービスが、エンドユーザー様から「使いづらい」「わかりにくい」などといったレビューやクレームを多く受けているものの、何からどのように手を付けていけばよいかわからないといった状況からご支援する場合が多く、「設計書が全くない、または未整備」な状況であってもご支援が可能です。

その他

リバースエンジニアリング支援

リバースエンジニアリング支援とは
開発ドキュメントが揃っていない、更新されていないため使えない、などはよくある事例として挙げられますが、これはソフトウェア品質にとっては致命的です。

弊社では独自のリバースエンジニアリング技術により、開発ドキュメントのリバース作業の請負が可能です。

ドキュメントレビュー代行支援

ドキュメントレビュー代行支援とは
ドキュメントレビューは効果的に実施することで、不具合の早期発見につながり手戻りコストが低減します。
また上流工程での品質の作り込み、あるいは下流工程での品質担保に対し、高い効果が期待できます。

弊社では、多面的なレビュー観点と評価軸でドキュメントレビュー業務を代行担当でき、お客様のプロジェクト成果物に対する品質向上を強力にサポートします。