要件定義代行支援とは

要件定義は、テンプレートやフレームワークを採用すればできるという簡単なものではないため、経験者でさえ、何回やっても難しいという声が多くあります。なぜなら、「こうすればよい」という絶対的な正解がないのが要件定義だからです。

その要件定義工程を、弊社のノウハウを駆使し代行支援を行います。

こんな課題をお持ちの方をサポート

  • 要件定義のできる経験者のリソースが不足している
  • 要件定義がうまくいっていないと感じている
  • 要件定義の担当者が少ないため、プロジェクト受注を断念するケースがある
  • 要件定義工程の外注を検討している

要件定義作成項目(例)

要件定義概要As-Is(現状の姿)の業務を整理し、To-Be(あるべき姿)の業務を作成し、業務の流れを押さえる
システム化を行う箇所の画面と帳票のイメージ作成
他システムとのデータ連携を押さえる
機能要件をまとめる
非機能要件や運用に関する事項をまとめる
要件定義項目システム化の目的
システム構成図
As-Is業務フロー
To-Be業務フロー
業務一覧
機能一覧
非機能一覧
画面イメージ
帳票イメージ

要件定義代行支援で得られる効果

  • 要件定義の抜け漏れがなくなります
  • システム開発において要件定義で失敗することがなくなります
  • 要件定義工程を担当できる上流SE不足で案件受注を逃していた企業様は、弊社に要件定義代行を依頼することによりその悩みから解放されます