導入事例 概要

受託開発を行う企業において、企業が抱える複数案件のQCDバランスのQ(品質)を高めるためにQA室立ち上げや実プロジェクトに参画し
品質マネジメントやプロジェクトマネジメントを行うといった「品質」を底上げする仕組みを構築した。

*導入サービス*

1.QA支援
 実プロジェクトへ参画し、品質の見える化と品質改善に向けた支援を実施

2.テストマネジメント支援
 テスト工程全体のマネジメントを実施

3.監査支援
 複数のプロジェクトを総括して監査を行い、プロジェクト状況やタスク管理状況の可視化を実施

課題

  • プロジェクト全体をまとめコントロールする機能が不足していた
  • テスト工程が属人化しており、不具合が止まらない状態にあった
  • 要件定義が弱く、顧客要求の整理が不十分な状態にあった

導入後の効果

品質改善のために品質の見える化や品質マネジメントを行ったことで、会社全体の品質意識の向上が図れ、現場でも品質を意識した開発プロセスを回すことができる様になった。また、課題と抱えていた不具合についても、テスト工程を見直しテストプロセスやドキュメントの整備、テスト設計のテクニックや実務を通したテストの考え方の現場定着を行ったことで、参画プロジェクト市場不具合が約70%減少されQCDバランスを整えることに繋がった。


サービス紹介はこちらから