解決策の定着化が、
さらなる品質向上につながる

課題解決とは「一時的なものではなく、解決策が定着されるまで」だと考えています。
そうすることで品質向上が会社の文化として根付き、品質の高いサービスを今まで以上に提供できるからです。
QualityCubeでは分析から定着までトータルなご提案も、
各フェーズやサービスごとに対応することも可能なので、お気軽にご相談ください。

分析

ヒアリングを徹底的に行い、現状と理想を洗い出し、やるべきことをご提案します。

品質(現状分析)サービス

様々な視点・ノウハウを用いて、
お客様が抱える問題状況の分析を行います。
分析視点としては大きく、
「プロダクト品質視点」「プロセス品質視点」があります。

アクションプラン

分析を基に品質を向上させる、戦略立案(アクションプラン)をご提案します。

クオリティーゲート設定サービス

各工程で移行判定を行う際、
品質面での定量的、定性的品質基準を設けて、
品質をチェックします。
また、最初にゲートを設定する前に
各工程における品質基準の定義も行います。

ドキュメント整備サービス

開発におけるプロセス定義書(QMS)を策定し、
お客様の課題に合わせ、品質を担保する上で
必要なドキュメント(テンプレート)を整備します。
また、各ドキュメントの整合性を保ち、
トレースしやすいようタグ管理策定サービスも行います。

レビュー規約/受入基準策定サービス

各工程におけるレビュー規約策定や受入基準
(パートナー評価プログラム)の策定を行います。

テスト(戦略)計画サービス

各テスト工程におけるテスト戦略立案や、
テスト計画を作成するサービスです。
既存テスト計画書の分析を行い修正作成するサービスと
計画書を最初から立案するサービスの2パターンあります。

定着

一時的な改修ではなく、開発現場・業務レベルまで運用を定着化させます。

アクションプラン運用サービス

各アクションプランにて行う施策を
継続的に定着化させるサービスです。
アドバイザー的業務であり、
関与率を定めてコンサルティングを行います。

PMO(品質PM)業務支援サービス

お客様のPMO又はPMに対して
品質PMとしてプロジェクトに参画し、
ベンダーコントロールや品質向上を支援するサービスです。
参画方法は、発注主側サービスと
開発会社側サービスの2パターンがあります。

人材開発・教育セミナーサービス

システム開発プロセスにおける人材開発としての教育セミナーサービスです。
V字モデルを基に各工程ごとに講座を開設し、各講座セミナー方式にて行います。

PAGE TOP